2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集

2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集

2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影した写真をデジタル化。 寮の入り口、廊下、カフェ、ピンクルーム(会議室)、炊事場、トイレ、落書きとアート、中庭、屋上の写真を、建物内を散歩しているかのように感じられるよう、バランスよく選びました。 松本博文「東大駒場寮物語」(KADOKAWA) のカバー・表紙・扉に使われている3枚の写真も収録。 裏表紙は、柴田翔「されどわれらが日々」(文春文庫)の表紙に提供した写真です。 オフセット印刷 A5横 中とじ 20ページ 350部限定 シリアルナンバー入り ★送料として別途164円をいただきます。郵便局の「クリックポスト」で発送いたします。 ★お支払い方法が「銀行決済」「コンビニ決済」の場合は『先払い』となります。 決済確認が取れ次第、発送させていただきます。 お支払い期限は1週間となります。 1週間のお支払い期限を経過しても、お支払いを確認できない場合は、自動的に注文がキャンセルされます。 詳しくはこちらのページをご覧ください→ https://booth.pm/payment ★東京・下北沢の書店「B&B」でも販売してもらっています! B&B価格は500円+税です。 http://bookandbeer.com/ ★東大生協本郷書籍部でも販売してもらっています! 販売価格は500円(税込)です。 http://www.utcoop.or.jp/hb/ ★2016/4/4 【写真展をやります!】2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展 2016年6月13日 - 2016年6月26日 渋谷SPBSにて 「タイムアウト東京」でも紹介されました。 http://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88/2001%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%A7%92%E5%A0%B4%E5%AF%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95 -----------------------------------------  かつて東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスに、駒場寮という学生寮が存在した。1934年(昭和9年)竣工。設計は内田祥三。廃寮・取り壊しをめぐり、大学側と寮生が高裁まで争う事態となったが、2001年8月22日、強制執行によりその歴史に幕を閉じた。  2001年5月、大学4年生だった私は、友人を訪ねて東大に行った時、偶然に駒場寮を発見した。渋谷駅から少し歩いただけで、このような森があり、蔦が絡まる古い建物があるということは、当時の私には衝撃的だった。また、建物の中も、住居であると同時にサークル部屋などもあり、様々な人が集まり、多目的に使われている、混沌とした空間であった。駒場寮は、学生によって運営されている自治寮で、1部屋25畳の広大な部屋を、それぞれ自由な使い方をしていて、暮らし方も面白いと思った。  私は、その緑に囲まれた古い建物に、圧倒的な魅力を感じ、この駒場寮に住んでいる人の写真&インタビュー集を作ることを卒業制作にすることに決めた。写真を撮り、編集し、卒業制作展で展示をした。そのために、2001年の夏休みは、主に駒場寮で写真を撮って過ごすこととなった。  この写真集は、14年前の夏に撮った1000枚以上の写真の中から、私が初めて駒場寮を見たときに、「この建物の何に心惹かれて、何を美しいと思ったか」という視点で写真を選び直したものとなる。  駒場寮には約70年の長い歴史があり、多くの才能を輩出した場所でもある。それについては、インターネットや書籍などで簡単に知ることができるので、ここでは語らない。  私は、建築とは空間を体験するものだと考える。この写真集には、私の駒場寮での「建築体験」を封じ込めた。 2015年9月 大薄 朋子 tomoppee@gmail.com http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/take/ ----------------------------------------- ★この写真集は、現在、「BCCKS」でオンデマンド出版・販売しているテーマ別ポストカード写真集 http://bccks.jp/store/124414 から選んだ写真24点を収録した総集編となります。 BCCKSのほうでは、「第一印象」「屋上」「アート・らくがき」のテーマ別に、各15点の写真を選んだ写真集を販売しています。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます(無料)。 こちらには、写真集に収録していない写真も含めた、多くの写真を置いています。随時更新中です。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★2015/10/06 MDNデザインインタラクティブで紹介されました! イラストレーターの著者による個人出版の写真集「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集」 http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42725/

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真集。 2001年7〜8月にネガフイルムで撮影した写真をデジタル化。 寮の入り口、廊下、カフェ、ピンクルーム(会議室)、炊事場、トイレ、落書きとアート、中庭、屋上の写真を、建物内を散歩しているかのように感じられるよう、バランスよく選びました。 松本博文「東大駒場寮物語」(KADOKAWA) のカバー・表紙・扉に使われている3枚の写真も収録。 裏表紙は、柴田翔「されどわれらが日々」(文春文庫)の表紙に提供した写真です。 オフセット印刷 A5横 中とじ 20ページ 350部限定 シリアルナンバー入り ★送料として別途164円をいただきます。郵便局の「クリックポスト」で発送いたします。 ★お支払い方法が「銀行決済」「コンビニ決済」の場合は『先払い』となります。 決済確認が取れ次第、発送させていただきます。 お支払い期限は1週間となります。 1週間のお支払い期限を経過しても、お支払いを確認できない場合は、自動的に注文がキャンセルされます。 詳しくはこちらのページをご覧ください→ https://booth.pm/payment ★東京・下北沢の書店「B&B」でも販売してもらっています! B&B価格は500円+税です。 http://bookandbeer.com/ ★東大生協本郷書籍部でも販売してもらっています! 販売価格は500円(税込)です。 http://www.utcoop.or.jp/hb/ ★2016/4/4 【写真展をやります!】2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展 2016年6月13日 - 2016年6月26日 渋谷SPBSにて 「タイムアウト東京」でも紹介されました。 http://www.timeout.jp/tokyo/ja/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88/2001%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%A7%92%E5%A0%B4%E5%AF%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95 -----------------------------------------  かつて東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスに、駒場寮という学生寮が存在した。1934年(昭和9年)竣工。設計は内田祥三。廃寮・取り壊しをめぐり、大学側と寮生が高裁まで争う事態となったが、2001年8月22日、強制執行によりその歴史に幕を閉じた。  2001年5月、大学4年生だった私は、友人を訪ねて東大に行った時、偶然に駒場寮を発見した。渋谷駅から少し歩いただけで、このような森があり、蔦が絡まる古い建物があるということは、当時の私には衝撃的だった。また、建物の中も、住居であると同時にサークル部屋などもあり、様々な人が集まり、多目的に使われている、混沌とした空間であった。駒場寮は、学生によって運営されている自治寮で、1部屋25畳の広大な部屋を、それぞれ自由な使い方をしていて、暮らし方も面白いと思った。  私は、その緑に囲まれた古い建物に、圧倒的な魅力を感じ、この駒場寮に住んでいる人の写真&インタビュー集を作ることを卒業制作にすることに決めた。写真を撮り、編集し、卒業制作展で展示をした。そのために、2001年の夏休みは、主に駒場寮で写真を撮って過ごすこととなった。  この写真集は、14年前の夏に撮った1000枚以上の写真の中から、私が初めて駒場寮を見たときに、「この建物の何に心惹かれて、何を美しいと思ったか」という視点で写真を選び直したものとなる。  駒場寮には約70年の長い歴史があり、多くの才能を輩出した場所でもある。それについては、インターネットや書籍などで簡単に知ることができるので、ここでは語らない。  私は、建築とは空間を体験するものだと考える。この写真集には、私の駒場寮での「建築体験」を封じ込めた。 2015年9月 大薄 朋子 tomoppee@gmail.com http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/take/ ----------------------------------------- ★この写真集は、現在、「BCCKS」でオンデマンド出版・販売しているテーマ別ポストカード写真集 http://bccks.jp/store/124414 から選んだ写真24点を収録した総集編となります。 BCCKSのほうでは、「第一印象」「屋上」「アート・らくがき」のテーマ別に、各15点の写真を選んだ写真集を販売しています。 ★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます(無料)。 こちらには、写真集に収録していない写真も含めた、多くの写真を置いています。随時更新中です。 → https://instagram.com/komabaryo/ ★2015/10/06 MDNデザインインタラクティブで紹介されました! イラストレーターの著者による個人出版の写真集「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集」 http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42725/